持続性について

女性たち

糸を使って皮膚を持ち上げ、顔全体の若返りができるフェイスリフトは、基礎化粧品を使ったケアよりも効果が出るとして40代を中心に人気を集めています。最近では、女性だけではなく男性も評判を聞きつけ、若返りのためにフェイスリフト施術を受けています。美容整形外科のサイトに掲載されている症例では、施術をする前と後の画像がありマイナス肌を実現しています。年齢を感じさせる目尻のシワやたるみ、顔にあったはずのくすみとシミがなくなり若いころの肌を手に入れています。評判のフェイスリフトは昔と違い効能が向上しているので、施術をうけると肌質の改善にもつながります。他にも皮膚を切って持ち上げるフェイスリフトや高周波と超音波、レーザーを使った治療での若返りもでき、患者の悩みと肌質に合った施術を医師が提案します。

気になる持続期間ですが、皮膚のみを持ち上げる場合、ある程度年数が経過すると元に戻ることも考えられます。この場合、別のリフトアップ施術を使って効果をさらに上げるというやり方が一般的になっています。もちろん、たるみ具合でも変わりますし、個人差があるので必ずこの期間は肌を維持できるとは言い切れません。若い肌をキープするためにも治療を続けたり、ケアに力を入れたりすることも今後大切になるでしょう。ただフェイスリフトの施術をした箇所はしわの数も一生少ないままなので、目尻のしわやほうれい線等に悩まされることがなくなります。その点に関してはフェイスリフトがかなり評判良い理由になるでしょう。一方、負担が少ない切らないフェイスリフトの場合は、切るタイプに比べ持続期間が短く持って4.5年だといわれています。そろそろ効果が薄れてきたと感じた時は、再度フェイスリフトの施術をするか他の方法を使って若返りを図るという手もあります。思い切って切るタイプの施術を考えてみてもいいでしょう。リスクは多少伴いますが、評判の美容整形外科だと技術があるので心配はありませんし、アフターケアもしっかりしているので安心して受けられます。