気になる支払い方法

婦人

自由診療となる美容整形外科を利用するときは、あらかじめ複数の美容整形外科をピックアップして料金を比較しておきましょう。病気治療という目的ではない為に、その費用には健康保険がまったく適用されません。自由診療となると、支払うべき金額がどうしても大きくなります。見た目年齢を若返らせるフェイスリフトは、平均でも25~30万円掛かるもので頻繁に受けるには金額があまりにも大きいでしょう。施術中に麻酔を用いるときは、麻酔代も別途掛かることもあるので、事前に見積もり額を出してもらうことがおすすめされています。フェイスリフトを受けるときは評判と金額の高さをしっかり比較しておきましょう。

すでにフェイスリフトを受けた女性ならご存知でしょうが、最近話題になっているSMAS法は長い効果を期待できるので、費用を抑えたいという人には最適な施術です。これまでのフェイスリフトは皮膚だけを引っ張り上げるものが主流となっていて、傷跡も小さく目立たないことから評判が高かったものです。しかし、皮膚だけを引っ張り上げていると時間の経過と共に、徐々に元の位置まで皮膚がまたもたるんできます。その為、表在性筋膜と呼ばれるSMASそのものも引っ張り上げようと生まれた施術がSMAS法なのです。皮膚だけを引っ張り上げるフェイスリフトとは違い、半永久的に頬肉のたるみが再発することはありません。メスはコメカミ辺りから入れるので術後にその跡が目立つ心配もないでしょう。評判の高いSMAS法はメスを用いる施術になりますが、当日は入院の必要もなく日帰り可能なので入院費が掛からない点も嬉しいところ。
半永久的に効果が持続するなら、例え一度に20数万円以上掛かる施術であっても高くないでしょう。それよりも安いフェイスリフトにトライして何度も受けると、結局のところ高あたりになるのです。多大なメリットをもたらすSMAS法は全国的にも評判は高く、身近な美容整形外科でも受けられるのでネットでも可能です。